読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜空に浮かぶ月のように

薮くんに魅せられて - ジャニーズがまるっと愛しい。

最新シングルで感じたHey!Say!JUMPのいま。

Hey! Say! JUMPのニューシングル「Fantastic Time」はもうみなさんお聴きになりましたか?私はフラゲしてから現在進行形で仕事の行き帰りの車内、朝のアラームに大音量で流すというFantasticなTimeを過ごしています。今のところまったく飽きてません、むしろ中毒性が高くなってきて怖いくらいです。

ファンではないけど、先日のミュージックステーションで見た方も多いのではないでしょうか?どういった感想を持たれたのか非常に気になるところです。

放送をリアルタイムで見れなかったので、ツイッターで”JUMP”と検索して反応をこっそり確かめていたんですが・・・ファンではない方も口を揃えて「すごくかっこいい」「ダンス上手」「こんな大人になったの?」と仰っていて感無量でした。

 

私が思う「Fantastic Time」ポイントを何点かまとめました。

 

 

①フォーメーション

何回フォーメーション変わってんの?クロスしすぎじゃない?ってくらい、目まぐるしく変わります。いい意味で誰がどこにいるのかふとわからなくなる。詳しい用語はわからないのですが、人数が3-3-3だったり4-5といろいろ分かれるのが好きです。2-7、3-6で少人数のほうを引き立ててる他メンバーのバックダンサー的な役割もいいなあと。

1番Aメロの山田、髙木、八乙女がランウェイ歩く流れ、伊野尾、岡本、薮がセンターでしゃがんでるとこ、1番サビ前の後ろから時間差で動き始めるとこ、2番Aメロの伊野尾さん後ろの8人が反転するとこ、2番間奏の一列からの5-4のとこ・・・ああどこもかっこいい。わたしにもっと語彙力があればうまく伝えられるのに・・・(頭抱)

2番Bメロのやぶひかには鳥肌でした。横に二人で流れていく感じ??最高ですね??もったいぶらないで、1番Bメロでやればいいのに(小声)。二人が並んで歌ってるだけでもう嬉しいんですけどね。

ほんとこれでもかってくらい入れ替わりますよね。最後も髙木くんの前で薮くんと裕翔くんクロスして「えっまだ!?すげえええええ」ってなってました。()

 

 

②誰がセンターでも違和感がない

JUMPのセンターといえば、絶対エースの山田くん。この曲でも最初は山田くんセンターです。ランウェイ歩いてくるとこも安定感があるといいますが、さすがだなという感じです。

そしていま注目株の伊野尾くん。ジャケット写真でもセンターを勝ち取っていますが、間奏~2番Aメロの中二病(笑)な感じ凄い好きです。いのちゃんは片手あげて歌うのが最高に伊野尾慧だと思ってますんで、ああいう感じもっと出してほしい。(個人的な意見)

そしてサビで圭人くん!本人も嬉しかったと言ってましたが、ダンスナンバーでセンターになるなんて本当に成長したねけいとりん・・・あとMV撮影本番で前髪あげたのは正解だったと思うよ。(またしても個人的な意見)

そして最後の髙木くん。中島、髙木、薮で徐々に前に出てくるとこかっこよすぎます。髙木くんの前髪乱しながらのダンス、最高にフェロモン醸し出してます。

他のメンバーもフォーメーションによってセンターになるときがありますが、違和感をまったく感じませんでした。これは人気実力ともにバランスが取れるようになってきた証なのかな、と。ダンスナンバーだと余計に実力差って目立つと思うんですよね・・・いやあ本当に成長したなあ。

 

 

③「個性」の大きな可能性

9人も居ると、正直「人数多くね?」と思われる方もいることでしょう。ほぼ同じ顔に見えると言われてもしょうがないのかもしれません。しかし、声を大にして言いたいことは、Hey! Say! JUMPは「個性」が強いグループということ。

よく最近は「JUMPのダンスがすごい」と耳にすることも増えました。9人という人数を武器にさまざまなフォーメーションをスピーディーに繰り広げ、なおかつカチッと揃える。でも、よく見たら同じ動きはしてないんですよね。微妙に角度が違ったり、歩幅が違ったり。無理に一緒にしようとしていないのです。メンバーで一番身長が低い知念くんと一番高い裕翔くんは22cm差*1ですから同じ振りでも誤差が出るのは当たり前。

それが「個性」として化学反応を起こしているんだと思います。彼らが踊っているときぜひ一時停止してみてください、あっ意外とみんな違うのねってなります(笑)それなのに美しく揃ってるってすごくないですか??「息ぴったり」「統一感がある」が表現として相応しいのかな。

 

わたしは薮担なので、薮くんのダンスを圧倒的に見てしまいますが・・・彼はキレがあって力強い動きですが、決してガサツではないのです。しなやかさと優雅さも兼ね備えていて、流れを崩さず踊ってくれます。ぜひ足の動きに注目してもらいたい。

薮くんを堪能したあとは、他メンバーも各一人ずつじっくりその人だけを見るのも面白いです。勝手に担当の子の気持ちになって・・・あれ、これ気持ち悪い?(笑) 「〇〇くんはここをこう踊るんだ」と発見できて楽しいのです。Practice Timeさまさまです。

 

この個性はメイキングでも表れてますね。触れると超絶長くなってまとまらないので書きませんが・・・ぜひJUMPに興味が出てきた方にはセットで見てほしいですね。沼へようこそです。

ここ最近の彼らはファンから見ても「JUMP大きくなったな~成長したな~」と言わずにはいられないです。この間はMasquerade*2に酔いしれていたばかりなのに、脳が追いつくのに必死です。彼らは日に日にレベルアップしているんだなあと実感します。いや分刻みかな?秒でか・・・一瞬たりとも9人から目が離せないですね。

 

 

次は、山田くん主演のドラマ主題歌「Give Me Love」が発売決定しています。落ち着いた大人な曲で、Fantastic Timeとは違う別の魅力が遺憾なく発揮されそうです。シングルとしては初めての感じなのでMVが楽しみで仕方ありません。(薮くんの歌声、きちんと生かしてね)

もっとブラッシュアップした曲をお届けしてくれるそうなので、乞うご期待ですね♡

 

 

*1:知念くん158cm、裕翔くん180cm。

*2:最新アルバム「DEAR.」に収録されたリード曲。こちらもかなりおすすめです。